バスツアー

1月の雪が結構降った時期に鳥取にバスツアーに行きました。

鳥取なので雪が心配だったのですが、中止の連絡もなく当日集合場所に行くと、予定通り出発するとのことでした。

道は大丈夫なんですかと運転手さんに聞いたところ、雪が多い地域なので対策されているので大丈夫ですよということでした。安全運転でお願いしますねと声をかけたところ、分かりましたと心強い返事がありました。

出発してみると行きはほとんど高速道路だったので雪はあまり残っておらず、鳥取市内もきれいに除雪されていて運転手さんの言った通りでした。

帰りの道は行きと違って下道も結構通ったのですが、山あいの地域では結構な積雪で雪も降っていたので少し怖いなと感じたのですが、スピードを落として慎重に運転してくれたので安心して乗っていられました。

帰る際に運転手さんにありがとうございましたと声をかけて無事に旅が終わりました。

バスツアーでは、たいてい運転手さんと添乗員さんがバスの乗り降りの際にいってらっしゃいやおかえりなさいと声をかけてくれます。今回は同乗していた人たちとも解散するときにさよならと挨拶しあって気持ちよく旅を終えることができました。

一日の短い時間ですが、挨拶したりちょっとした会話をすることで信頼関係が生まれるし、気持ちよく過ごすことができるので、やはり挨拶とコミュニケーションは大事だなと感じた一日でした。

 

関連記事

納豆トースト

社内講習会を開催しました