交通事故死ゼロを目指す

 今日4月10日は、交通事故死ゼロを目指す日です。

毎年、国民の100人に一人が交通事故により死傷しているようです。近年、飲酒運転や高齢者による運転の死亡事故も大きな社会問題となっています。記録の残る1968年以降、交通死亡事故は毎日のように起きています。

 そこで年に3回、2月20日、4月10日、9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」と制定されました。交通事故死ゼロを目指す日は、2008年から日本政府によって交通安全に対する意識を高めるため、新たな国民運動として設けられたようてす。

・信号と横断箇所を守る  ・車に乗ったらシートベルトを締める  ・自転車に乗る時はルールを守る  など、私たちが気をつけられることはたくさんあると思います。

 「気をつけているから事故は起きない」ではなく、「気をつけていても事故は起こる」ことを肝に銘じて、年に3回の『交通事故ゼロを目指す日』はより一層気を引き締める日にしたいです。

 皆さんも安全運転に十分気を付けて下さい。

関連記事

迷いを打ち消す

あの本、読みました?