高野山 町石道

1月3日に高野山の町石道という参道を歩いてきました。

町石道は高野山麓の慈尊院から、金剛峯寺までの道のりで、距離は約22km、高低差は約700mとなっており、高野山開山から約1200年の歴史がある世界遺産となっています。

道中には約109mごとに町石と呼ばれる石柱が設置されており、麓の慈尊院の180町石からスタートし、高野山山内の1町石に至ります。

町石道は四国遍路を終えたお遍路さんがそのことを弘法大師に報告するために歩く道としても知られており、私も数回歩いています。

毎回歩き始めは「自分は何をしているんだろう」と思いますが、不思議なことに、最後には「もっと歩いていたいな」という気持ちになります。

1月3日に歩いた際は反対方向から来る人を含めると5人程度の方が歩いていました。その場限りではありますが、外国の方を含む普段会うことのない人と話をしたり、一緒にお茶を飲んだりすることが出来るのも楽しみの一つです。

また近々歩くつもりですので、興味のある方は是非足を運んでみてください。

関連記事

納豆トースト

社内講習会を開催しました