迷いを打ち消す

私は同じ業界に勤める知人に、たびたび資格試験などの相談に乗ってもらっています。

あるときその知人から「これまでひたすらキャリアを追い求めてきたが、この先に幸せが待っているとは思えず、今までしてきたことが正解かどうかがわからなくなってきた。」という相談を受けました。今までは相談するばかりで、雲の上の存在だと思っていた知人から相談を受けたことに驚きつつ、しばらく話を聞いていました。私に話すことで少し気が楽になったようですが、根本的な解決には至らずその後も気にかけていました。

しばらくしたときにその知人と話したところ、稲盛和夫氏の”心”という書籍に出会い、仕事や努力に対して自分なりに意味を見いだせたようで、すっきりした表情に変わっていました。私も早速その書籍を購入して読んでいますが、経済性や効率性に覆われて忘れがちな本質に触れることができ、自分の支えにもなる一冊だと感じています。

関連記事

あの本、読みました?

サイクリング