皆既月食と惑星食

 先週の8日に皆既月食と天王星食がありました。442年振りに皆既月食と惑星食が同時に見られるということで、見られた方もいると思いますが、私も少しの時間ですが外に出て月を眺めました。月が赤黒くなっているのは分かったのですが、天王星の方はスマホで写真を撮って拡大しても確認できなかったので、ニュースやライブ映像で見ました。
 惑星食という言葉を初めて聞いた気がするのですが惑星が月に隠れることを言うそうで、それ自体は珍しいことではなく今年はすでに2回金星食と火星食が起きているそうです。
 私が今回すごいなと思ったのが、惑星の軌道を計算することで月食や惑星食の日時が分かることです。計算すれば分かることなのかもしれませんが、442年前に同じ現象が起きていることがわかったり、次に皆既月食と惑星食が同時に見られるのが322年後と予測できたりします。今回は日本中で多くの人が月食を見たと思いますが、昔の人は何人くらいの人が見ることができたのかなとか、322年後に見える時の日本はどうなっているのかなとか色々と想像が膨らむので面白いなと思いました。

関連記事

迷いを打ち消す

あの本、読みました?