高校野球

以前も朝礼で高校野球甲子園の話をしたことがあると思いますが、今年も今熱い戦いが繰り広げられています。
一昨日の大阪桐蔭対仙台育英の一戦もかなり熱かったようです。9回で、1-0と大阪桐蔭リード。2アウトまでいき、打ち取ったと思ったのですが、一塁の子がベースを踏み忘れでセーフになり、満塁となりました。そしてサヨナラ負けをしてしまいました。
大阪桐蔭は、史上初となる2度目の春夏連覇がかかっておりかなり注目されていました。試合後の主将の子のインタビューで、「自分たちは勝って当たり前と思われていてかなりのプレッシャーでした」と語っていたのが印象的でした。
また、負けて泣いている選手の姿はよく見ますが、決勝戦でなく勝って泣いている仙台育英の選手の姿も印象的でした。それだけすごい戦いだったのだろうと思います。
高校野球は、ドラマがある。感動がある。毎回思います。今年も残りわずかですが、楽しませてもらいたいなと思っています。

関連記事

あの本、読みました?

サイクリング