面白かった本

 今年読んだ本で面白かったのが、原田マハさんの「たゆたえども沈まず」という本です。この本は画家のゴッホにまつわる小説です。主にゴッホの弟とその友人の日本人画商の視点で描かれています。
 面白かったのは、実在の日本人画商との関りによってゴッホ兄弟が浮世絵に影響を受けていく様子です。この日本人画商との関わりはフィクションなのですが、ゴッホは実際に浮世絵の影響を受けていて、読んでいるとあたかも実話のような気にさせられました。
 フィクションではあるのですが、史実を基に書かれているので実際にゴッホが描いた絵を思い浮かべながらその絵にまつわるエピソードを読むのも面白かったです。
 プロフィールや史実を読んでもなかなか頭に入ってこないのですが、小説になったことでイメージがし易くなったのかなと思います。
 作者の原田マハさんは、元学芸員で美術の専門家だそうです。他にも画家や絵画をモチーフにした作品を書いているので、また読んでみたいと思います。

関連記事

コロナ禍での過ごし方

渓流釣り