ツバメ

今年、5年振りくらいにツバメのヒナが家の玄関先で孵りました。
親鳥が卵を温めている様子はあったのですが、巣にいないことが結構多くてちゃんと孵るのか心配していたのですが、気がつくとヒナの声が聞こえてきました。
少し大きくなって、5~6羽いるのかなと思っていた頃、1羽が巣から落ちていました。まだ飛ぶには早すぎるので自力で巣に戻ることはできませんし、親鳥も助けてあげられないようでした。
私も家族もヒナに触ることができなくて、巣に戻してあげられませんでした。暗くなる前に見た時はまだ玄関先にいたのですが、翌日の朝見るとやはりいなくなっていました。
可哀想だったなと思うのですが、野生の動物なので仕方がないのかなとも思います。
残ったのは5羽で、あっという間に大きくなりました。今年は6月の雨が少なかったからか、いつもより巣立ちが早かったような気がします。
ツバメは同じ所に戻ってくる習性があるようなので、元気に戻ってきてほしいなと思います。

関連記事

納豆トースト

社内講習会を開催しました