選挙の投票率

先日参議院選挙が行われ、投票率は52%となりました。新型コロナウイルスやウクライナ情勢など大きな問題がある中で、この数字は少し寂しいと感じています。

選挙に行かない人に対しては、「結局自分が損をすることになるよ」という呼びかけがよくされているかと思います。
私としては、これ以上投票率が下がると選挙の有効性や、国民主権といった国のシステムに支障をきたすことが問題ではないかと考えています。

実際、過去の千葉県の知事選では投票率が25%程度になり、選挙の有効性が国会で問われたことがあるそうです。

私は今回の選挙で初めて期日前投票を利用しましたが、思っていた以上に手軽に投票することが出来ました。これからもそういった制度を利用しつつ、投票をしていきたいと思います。

関連記事

納豆トースト

社内講習会を開催しました