うつぶせ健康法

 先日、「うつぶせ健康法」というセミナーを聞く機会がありました。講師の方は、長年病院で誤嚥性肺炎などのリハビリを行う中で、うつぶせの重要性を感じたそうです。うつぶせになることの効果ですが、背中側の肋骨が広がりやすくなることで深い呼吸ができるようになること、股関節が伸びることでリンパや血液の流れが良くなることが挙げられるそうです。その結果、腰痛や肩こり、冷え性や不眠など様々な体の不調が改善されるという話でした。
 私は腰痛持ちなので、うつぶせは腰に悪いとずっと思っていてなるべくうつぶせにならないように気をつけていたのですが、全く逆のことをしていたんだと驚きました。本当に効果があるのか半信半疑なところがありますが、寝る前に1分間だけうつぶせになるという本当に簡単な方法なので、試しに続けてみようと思います。

関連記事

納豆トースト

社内講習会を開催しました