聖火リレー

 先日、来年開催される東京オリンピックの聖火リレーの日程が発表されました。
 聖火リレーは、全国で約1万人が参加です。来年の3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」を出発して、復興への歩みを進める被災地や、観光名所など各都道府県を巡り、7月24日に東京・新国立競技場である開会式で聖火台に点火されます。
兵庫県は、鳥取県の次の28番目で京都府へとつなぎます。
 兵庫県の聖火リレーは、5月24日に豊岡市を出発し、朝来市、宍粟市、加東市、小野市、加古川市、姫路市とつなぎ、翌25日に、神戸市を出発し、明石市、南あわじ市、西宮市、尼崎市、三田市、丹波篠山市と計14市を通るようです。
 ランナー募集は、中学生以上が対象で、走る都道府県にゆかりのあることなどが条件で、1人当たりの走行距離は少し少ないですが、約200メートルのようです。
 募集は、各都道府県の実行委員会と聖火リレーのスポンサーの日本コカコーラ、トヨタ自動車、日本生命保険、NTTの4社で、実行委員会に1回と4社に1回ずつの最大5回応募できます。興味のある方は是非応募してみてはいかがでしょうか。

関連記事

令和への願い

新元号発表を受けて