掃除で学んだこと

 毎朝10分間の掃除に取り組んで、かなりの時間が経過しました。
どの人も、最初はなんとなくしていた掃除が、時間とともに結構一生懸命取り組むように変わってきたように感じます。たとえば車の掃除を例に挙げますと、雨降りの日など「どうせ汚れるから明日に見送ろうか」などといった横着な気持ちがありましたが、最近は汚れを見逃せないような気持ちに変わってきたように思えます。
 また、毎日繰り返し行なった結果、「掃除の手順」「自分なりのルール」が生まれてきたように思えます。床などに落ちているゴミにも気付き拾えるようにもなってきました。
社長が言われる「梵字徹底」、から、仕事をする上においても、私生活においても「気付きが生まれることで自分自身が変わる」に繋がれば良いなと思います。

関連記事

新元号発表を受けて

新元号発表について